6月9日は超人ロックの日

locke.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 09日

『嗤う男』感想

seigmund様

超人ロックの日、此度にて2回目の参加となります。

「嗤う男」は雑誌にて、「ニルヴァーナ」はコミックでしか読んではいないので、とりあえず、「嗤う男」の感想などを書かせていただきます。

最初は、裸に鎖!!(これで一緒に読んでるツレあいはキテマシタ)、
そんでもって薬漬!!
暗示に弱い?ロック再び!と思って読んでおりましたが、
回を追うごとに、んっ?暗示中に暗示を返してる??、など新鮮な驚きが!!

研究所の方もなにやら怪しい動きをしており、ますます目が離せなくなりました。

いったい誰が、それとも何に「嗤う」んでしょうね、このタイトルも気になります。

いずれにせよ、『超人ロック』にはどこまでもついて行く所存です。

聖先生、及びmiaさまにはこれからも健康に留意して
末永く、作品を発表してください。
[PR]

by locke_69 | 2010-06-09 13:18 | テキスト


<< 永遠の少年と居られる幸せ      今年もロックの日 >>