6月9日は超人ロックの日

locke.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 09日

今日と言うめでたい日に

ルル様

祝、「Rock and Roll」ならぬ、「Locke and Roll」な日。

正気と狂気の狭間を行き来しつつ、複数回答。他にもまだまだあるが、あり過ぎて書ききれないので、取敢えずこれだけでも。

■今年のお題:『超人ロック』で好きな台詞・場面を教えてください■

『聖者の涙』:「生きようとする意志を奪うことはただ殺すことよりもっと悪い」
アフラとの緊張感溢れる対話の場面は、どれも面白い。

『書を守る者』:セリフなし。
カル・ダームIII世が会議場の扉を開ける場面。一瞬主人公の存在を忘れるほど(失礼)SFとして秀逸。

『赤いサーペント』:「君はいったい何が欲しいんだ?君を好きなだけでは足りないのか?」
子供の姿をしたクーガーが、ジョアンのような大人の女性に向かって、顔を赤らめもせずにさらりと言ってのける場面には唸った。

『スター・ゲイザー』:「なぜだフラン、なぜこんな」
80年も前に棄てた女性の変化に何故ここまで動揺するのかと、不審に思うほど激しく動揺するロック。

『冬の惑星』:「エレーヌ!」「見つかったよエレーヌ」
非常に好きなセリフ。探し物が見つかった時、大抵この台詞を呟いている自分を発見する。

作品を特定しない台詞としては、「いかん!」は欠かせない。この若さの無さがロックのロックたる所以、最大の魅力なのであります。

■企画に合わせて作ったもの■

人様にお目にかけるほど画力がないので、辞書を設置してみました。
順次項目追加予定。

【超人ロック簡易辞書】
http://lulue.hp.infoseek.co.jp/Locke/
[PR]

by locke_69 | 2008-06-09 03:51 | テキスト


<< 祝!超人ロックの日      ロック大好き! >>