6月9日は超人ロックの日

locke.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:テキスト( 152 )


2011年 06月 09日

超人ロックの日おめでとうございます!

ないとうw様

初めて超人ロックと出会ったのは小学校5年生くらいだったとおもいます。
雑貨屋さんの片隅に置かれた雑誌の表紙に、カッコイイ緑髪の少年が書かれていてなけなしの小遣いで買った記憶があります。

当時SFが大好きで、ロックのカッコイイ描写に心を打たれました。

でも、小学生の小遣いでは毎回買えるものでもなし、床屋さんなどに行ってもキングは置いていなかったので、それっきり読めませんでした。

しかし、成人してから、総集編が出ているの見つけてやっと読むことができ、うれしかったです。

Twitterでこちらの存在と、トークイベントのことを知り、またロック好きに火が付きましたw

これからも楽しみにしております。
[PR]

by locke_69 | 2011-06-09 15:11 | テキスト
2011年 06月 09日

【散文的】超人ロックについて【ロックの日に寄せて】

ただみぃ様

今年も『ロックの日』おめでとうございます。

初めて出会ったのは少年KING連載中の雑誌だと思うけど、どの辺りだったかは不明。
当時のお目当ては新聞広告で連載開始を知った「横須賀OP/谷村ひとし」だったように記憶してるけど、それ以前にも時々買っては他の漫画家さんのを読んでたような気がする。
ロックもいた筈だけど、ストーリー途中なのでよく覚えていないんだと思う。
学生だったので、欠かさず買い初めたのは谷村さんの漫画が始まってから。

買ったからには隅々まで読みますよねー。
当然そこには既に「超人ロック」がいた訳で。
横須賀OPが終わっても、お目当て作品が増えたので少年KING休刊まで買い続けていました。
コミックスは結構な巻数出ていたので当時の小遣いで揃えるのは無理で、後にスコラからの愛蔵版(分厚い!)と、どこの出版社かな、サイズ的に読み易い文庫(追記。記憶違いかもしれない。でもスコラ版より読み易いと思った記憶はどこからだろう)、更に後には完全版を…その頃には年齢も上がって小遣いが増えたり働いていて結構余裕があったりで買えています。

もちろん連載誌が変わった後のも、コミックになってから。
雑誌は置き場所がなくていずれ処分することを数回の引っ越しで学習したので、買っている余裕がありません。ごめんなさい。

超人ロックの能力には純粋に憧れます。
でもそれ故見なければいけないつらいもの‐歴史だったり個人の醜さだったり‐は見たくないから、操られたり何だりがあっても、結局は打ち破ってつらさに耐えられるロックは精神的にも強いんだなぁ、と感心します。
もちろん架空のキャラクターだと認識してますよ。

今ふと思ったのですが、私物があまりないですよね?
ま、あれだけ戦いの中にいれば定住期間もそんなに長くないだろうし、服もすぐ破かれてしまう(w)ので執着していられないのでしょうか。
寿命はたかだか100年未満しかないであろう、物理的な戦いに無縁な私の部屋は本で溢れています。
本だけじゃなく他のものもたくさん。
ロックのコレクションは、テクノロジー的にも紙の娯楽本はないせいかもしれないにしても、そういうのは全部アタマの中でしょうか。

んー、ロックが漫画や小説を読んで笑ったり泣いたりしているところは想像つかないなぁ。
フィギュアとかを集めて飾ってにへにへしてたりとか、絶対しそうにない。
何かしらの問題に立ち向かっている部分が作品になっているから、当然といえばそうですか。

だらだらした時間もない訳ではないだろうけど、作品としては1回読み切りの番外編が限度かな。
うわあ、常に戦っていなければいけないって、凄い運命だ。
でも戦いの中でどう動くのかが読者の楽しみでもあるので、これからも作者様にこきつかわれてくださいv
期待してます。
[PR]

by locke_69 | 2011-06-09 13:44 | テキスト
2011年 06月 09日

ロックの日おめでとうございます(^ ^)

lasaeasa様

ロックの日も半分終わってしまいました、出遅れましたヽ(;▽;)ノ

ロックとの初めての出会いは、たぶん作画グループの本だったと思います。
すでに四半世紀ほど前の事になるのであやふやです。
まだまだ新しい発見のある超人ロック、楽しみです♪
[PR]

by locke_69 | 2011-06-09 13:09 | テキスト
2011年 06月 09日

ロックの日おめでとうございます

うたひめ様

ロックの日、おめでとうございます!

1.ニルヴァーナの最後の方ではロックの諦めない心に(勝手に)励まされ、とにかく感動しました。
あまりにも感動してブログに書いた位です

2.昔、仕事帰りの本屋で何気なくキングを手にして見たのが始まり。「邪神降臨」あたり。
それで本屋さんにお願いして1巻から全部集めてもらって大人買いして週末に全部読み切ってしまったのを覚えてます。

今は中1の娘も巻き込んで楽しみにしてるので、先生も頑張って下さい。
[PR]

by locke_69 | 2011-06-09 12:11 | テキスト
2011年 06月 09日

第六回目のロックの日☆

サとル/ぶる~す(pekeiti)様

ロックの思い出語るときには必ず答えるのが、
生まれて初めて買った週刊誌がキングだったというww
たまたま買っただけなのに、キングを手に入れなければロックにあえることもなかったかもしれないのがとてもとても運命を感じざるを得ません^^;;
 いつのときにもそのことを思い出すわけですが,今日が来ると、なにやらそわそわいたしまするw
[PR]

by locke_69 | 2011-06-09 07:20 | テキスト
2011年 06月 09日

今年も来ました!ロックの日!!

kennie様

第6回超人ロックの日、おめでとうございます!

今回は聖作品に関する思い出を。

僕が最初に先生の作品に出会ったのは「テレビランド」での作品群です。漫画初体験が聖漫画でした。

毎月欠かさず買っていたので、時期的には全て読んでいるはずなのですが、残念な事におぼろげにしか覚えていません。

しかし今でいう「萌え」でしょうか?『ヤマト』の森雪と『スペースマンA』のやよいの可愛さだけは強烈に印象に残っています!

その後普通の漫画雑誌を手に取るようになって購入をしていたのが当時創刊した「マンガくん」

そこで始まったとても面白い少年野球漫画が『すすめ!ジェッツ』でした!

偶然にもまた聖作品にハマり、それからも『くるくるパッX』や『黄金の戦士』など次々と魅了されたのでした。

そんなある日、本屋に並んでいた見慣れぬ聖作品『超人ロック』に出会ったのです!

あの時から30年以上輝き続けている『超人ロック』

それはこれからも決して変わる事が無いでしょう!

聖先生、お体に気をつけて面白い作品を沢山生み出してください!

超人ロックバンザーイ!^^
[PR]

by locke_69 | 2011-06-09 06:51 | テキスト
2011年 06月 09日

又やって来たロックの日

Tonton様

今年もやって来ました、ロックの日。もう5回位の参加ですが、今年も参加します。

1:超人ロックに関する思い出
これも何回か書いたかと思うので今回は近々のエピソードで印象に残った物から。

ニルヴァーナ4巻
近々のエピソードでミラとの思い出、6回も若返り=推定480歳?迄してそれでもロックと一緒に
いたいと思い、ボロボロになり、尚且つ2年という想像を絶する苦痛と疲労を伴いながらロックと
一緒にいる事を選択したミラ。
この2年間の思い出を探られたくなくてロックは徹底的に記録を消しました。
誰にも邪魔されたくなかったんだろうと思います。これだけでも感涙してしまうのですが、

人間の可能性。181ページでロックが言っています。

178ページのナガト皇帝の言葉は今現在もリアルで同じ事を繰り返している、言い訳ばかりで何もしない
人が実際にいるのも事実です>どっかの政治家とか。

それでもロックは人を信じる。涙が出ました。

2:超人ロックとの出会い

だーかーらー、もう30年以上は確実に経っているので忘れましたよ(汗)歳は取りたくない物ですね。
[PR]

by locke_69 | 2011-06-09 02:27 | テキスト
2011年 06月 09日

超人ロックとの出会い

AKB48Beginner様

「おもしろいマンガがある。」

そう言って友人がマンガ雑誌を持ってきた。
早く私に見せたかったらしく、私の部屋へ入れと
言う私の言うことも聞かず、玄関で友人がその雑誌を開いた。

そのときに、初めて読んだ。
そう。
雑誌名は「週刊少年キング」。
マンガ名は「超人ロック」。
エピソードは「ロードレオン」。
中学生の時だ。

友人の言ったことは嘘ではなかった。
おもしろい。

最初に飛び込んできたのは、その絵。
うつくしい。
それまで見たこともない綺麗な絵だった。
まず、その綺麗な絵に魅かれた。
話も面白い。
週刊誌なので十数ページしかなかったが、何度も何度も
読んだ。
友人を部屋に入れることも忘れ、夢中になって
玄関で読んでいた。

単行本も出ていることを知り、その日のうちに
「炎の虎」を買いに行った。

その時が私と「超人ロック」との出会いだ。

ただ、当時ショックだったことがある。
悠紀(ゆき)という名前。
綺麗でやわらかく、繊細な線(絵)。
そこから聖先生は女性だと勝手に思っていたが、
実はおっさんだったことだ。
(聖先生ごめんなさい。生意気な中学生が思った
ことです((+_+))

その最初に読んだ頃から、聖先生が描いたマンガを探し始めた。

GROUP。
ハムレット。
忍者キャプター。
くるくるパッX。
ペアペアライサンダー。
初期のころの超人ロック。
などなど。手に入るものはすべて買った。

そういえば、「ニンバスと負の世界」の4ページ目。
1ページを横に3コマに割り、
「作画グループ作品」
「超人ロック」
「聖悠紀」
というタイトルと共にロックが変身している
女性が描かれているのを観たときは、
まるで映画のようだと衝撃を受けた。

それが、その時から十数年前に描かれた作品であり、
超人ロックの第1作目であり、
私が生まれた年の作品だった。

私とロックは「同い年」なのだ(*^_^*)

ロックを知ってから、聖先生の絵の模写に明け暮れ、
ロックのオリジナルエピソードのマンガを描いた。

それから約30年。
今もロックを読んでいる。
今、少年キング時代のロックを読んでも面白いと思う。
今まで描かれてきたエピソードを読み返しても面白いと思う。
今、描かれている新作のロックを読んでも面白いと思う。

ロックの面白さは不変的なのだ。

これからもロックを読みたい。
まだまだ聖先生にはロックを描いて欲しい。

あ!
OVAの付録の「がんばれ!キャリアン」とか単行本に
載っていない、いくつかのエピソードをまだ読めてない!!
ぜひぜひ単行本にまとめて欲しいっす!!

これからもロックファンであり続けます。
[PR]

by locke_69 | 2011-06-09 00:00 | テキスト
2010年 06月 11日

出遅れました

ミルウォーキーキッド様

ロックの日、おめでとうございます。

昨日、出遅れた上、どうも転送されなかったようなので
再度、やってきました。

ニルヴァーナの感想を書いたのですが…
もう一度

帝国時代のように再生という名の浄化をしようとしているようですね。
その下で、たくさんの普通の人々が犠牲になる
ロックがもっとも嫌うことですね。
滅んでもなお現れる亡霊のような帝国の兵器を相手に苦戦しているロック
今回の相方、ちょっぴり天然なシルフ嬢もいいですね
彼女のお陰で、どぎまぎしているロックを見ることが出来ました。
彼女も重要な鍵を持っているようで、今後の展開が楽しみです。
って、3巻まで、冷凍状態ですか〜
聖先生、早く解凍してくださいね。

これからもお元気で、いつまでも色褪せないロックの活躍を見せて下さいね。
[PR]

by locke_69 | 2010-06-11 01:28 | テキスト
2010年 06月 10日

『ニルヴァーナ』感想その②

kun*kun様

もう一つだけ言わせてくださいっ!
『ニルヴァーナ』の時代は諸々の記述から宇宙暦1700年代ころだと思われますが、おそらくミラと死別したのが1300年ころ、それから400年間、あの女の人大好きなロックがそんな長い間独り身でいたとはとても考えられませんっ!!!
[PR]

by locke_69 | 2010-06-10 14:59 | テキスト